去る10月20日(土)熊本県看護協会水俣・芦北支部看護研究発表会が開催されました。

我が七浦てらさきクリニック看護部も発表させていただきました。

研究テーマは「透析看護師の否定的感情と対処行動~A病院ベテラン看護師のインタビューからみえてきたもの~」

難しそうなテーマですが平たく言うと、寺崎会は長く勤務継続している看護師が多いことに着目し、アンケートやインタビューを通してその理由を明らかにするというものです。

口に出してしまうと簡単そうですが、分析するのにかなりの時間を要し、主研究者・共同研究者ともに夜遅くまで居残り、また休日返上で頑張りました。(特に主研究者のOさんの頑張り◎)         これまでで一番お勉強したかもです(笑)                             大変でしたが、いい発表ができたと思います。(自画自賛)

日々の業務に流されがちな私たち!!仕事を続けていくうえでのモチベーションアップにも繋がり、これがまた結果的に患者様に良い形で還元できたらと思っています。

これからもスタッフみんなで頑張っていきまーす!!!